Walkerplusさんに紹介して頂きました!

ぽっぽちゃんをWalkerplusさんに紹介して頂きました。

取材&投稿して頂いた福岡県地域編集長 河 蒸気様ありがとうございます。

ぽっぽちゃんのプロフィールや出生の秘密、今度の大相撲への意気込みなど

掲載されています!気になった方は是非!

 

■記事はこちらから読めます!

http://area.walkerplus.com/walker47/article/detail/ar1040217/le2538/20160215/2_20151031121937108681/

 

サービス終了のお知らせ

おでかけ情報メディア「ウォーカープラス 地域トピックス」は、

2017年4月27日(木)をもって公開を終了いたしました。

たくさんのアクセスをいただきましてありがとうございました。

引き続き、全国おでかけ情報サイト「ウォーカープラス」をご利用ください。

 

福岡県の地域トピックス

押し相撲の天才児登場! ぽっぽちゃんの電車道

福岡県地域編集長 河 蒸気 2016年2月15日 3時54分

毎年、九州場所が近くなると、千賀ノ浦部屋をはじめとしたお相撲さんたちが福岡県筑紫野市にやってきます。二日市にある日蓮宗妙音教会は、昭和の大横綱双葉山の建てたお寺です。でも、大相撲にゆかりの深い街・・・とまで言ってしまうと、少し言い過ぎかもしれません。そんな筑紫野市から、角界をリードする未来の大横綱が生まれるかもと聞いて、さっそく取材に行ってきました。

西鉄二日市駅下車、駅前のロータリーを出てすぐを左に曲がり、県道35号線を太宰府方面へと向かいます。踏切を渡って100mほど、足元ばかり見ていると気が付かないけれど、視線をいつもより高く、こころもち空を見上げ気味にしてみると・・・ほら、見えましたか?

▲トーマ・・・ではありません。いっぱいに見開いたゴマ粒おめめと、さがりぎみのマユ毛、あるのかないのかわからない小さな鼻、ニッコリ笑った口もとが可愛らしい。彼が今回紹介する、ぽっぽちゃんです。

ぽかんと上を見上げているのもなんですので、ここで視線を元に戻します。建物にそって下へ。

ぽっぽちゃんを生んだ青山地建は、筑紫エリアの不動産を紹介する会社です。左手の看板に写っている男性が、大の鉄道好きで取締役”車掌”の青山博秋さん。
それでは、玄関をくぐって中に入ってみましょう。

リラックスした様子のぽっぽちゃんと、ちょっと緊張した面もちの田中さん。ふたり揃って出迎えてくれました。田中さんは、ぽっぽちゃんの生みの親です。
ぽっぽちゃんは5歳。蒸気機関車の子どもです。お父さんとお母さん、お爺ちゃんとお婆ちゃん、可愛い妹といっしょに、この青山地建で暮らしています。夢は立派なSLになることだそうです。

そのぽっぽちゃんが、今月21日に大野城まどかぴあで開催される『マスコットキャラクター大相撲 おおのじょう場所’15』に挑みます。マスコットキャラクター界を代表する力自慢が集まったこの大会、ぽっぽちゃんは無事に白星を飾れるのでしょうか。
角界とマスコットキャラクター界の両方にくわしい(ついでに不動産情報にもくわしい)、青山地建情報部の江口勇輝さんにお話をうかがいました。

「ぽっぽちゃんの最大の魅力は、立ち合いから一歩も引かず、一直線に相手を土俵の外へ押し出す、いわゆる”電車道”にあります。もとい、ぽっぽちゃんは蒸気機関車の子どもですから、電車ではなく汽車道ですね。押し相撲の天才と言っても過言ではありません」

▲カメラに向かってポーズをとるぽっぽちゃん。

「蒸気機関車は、車輪が大きいほどスピードがでるので客車に向き、小さいほど馬力があって貨物車に向いています。ぽっぽちゃんの手足は、びっくりするくらい短いでしょう。まぎれもなく馬力型です。体型も丸まっこくてお尻が大きく、重心が低い。これはアンコ型といって、お相撲さんの理想的な体型です」

重心が低いから投げられにくい。短くたくましい両脚が大地を蹴って、全体重を前進力に変換する。さらに、秘密はそれだけではないのだそうです。

「ぽっぽちゃんの体にご注目ください。このたて縞は、西部開拓時代のアメリカ大陸を実際に走っていた蒸気機関車の、ある部分をモチーフにしています」

「機関車の前についているバンパー状の部分、動物愛護上の問題から公式には”砂利よけ”ということになっていますが、実は”牛よけ”なんです。くわしいことは省きますが、たとえ相手力士が左右に変化してきたとしても、簡単にはね飛ばしてしまいます。まさに弾丸列車、ぽっぽちゃんに死角はありません」

「他にもあります。ぽっぽちゃんの手のかたちは、押し相撲の基本である”ハズ押し”です。ひとさし指から小指までを揃えて両わきの下に差し込むことで、相手の左右の動きを封じ、背中に装着した貨車が直進安定性を格段に向上させ、さらに背の低さが・・・ああもう、とにかく凄いんです」

顔を赤くして力説する江口さん。聞けば、ぽっぽちゃんとは家族同然の仲なのだとか。
ところで、ぽっぽちゃんがこの大会に出場するのは、今年で2回めです。前回の結果はどうだったのでしょう。

「前回は・・・残念ながら負けてしまいました。敗因は、私たちのリサーチ不足です。なんと言っても、ぽっぽちゃんはまだ5歳、経験不足は否めません。初の公式イベントで緊張していたこともあって、相手の巧みな忍術の前に、組みあうことすらできませんでした」

▲前回の対戦相手、三重県伊賀市出身の「いがグリオ」選手。メタボリックなお腹に似あわぬ、変幻自在の体さばきが武器。さすがは忍者!

「しかし、今年は違います。まだ誰とは公表できませんが、同じ筑紫野市出身の大物格闘家に依頼して、トレーナーを引き受けてもらいました。もう弱点はありません。勝利に向かって出発進行です!」

筑紫野市の皆さん、当日はぽっぽちゃんの応援をよろしくお願いします。筑紫野市を相撲の街にするために、ぽっぽちゃんは今日も頑張っています。

▼マスコットキャラクター大相撲 おおのじょう場所’15
平成28年2月21日(日曜日)
10時30分~16時
福岡県大野城市曙町2丁目3-1 まどかぴあ1階大ホール
入場無料
西鉄天神大牟田線 春日原駅から徒歩10分
JR鹿児島本線 大野城駅から徒歩約17分
※JR大野城駅からコミュニティバス(1時間に2本程度)「まどかぴあ」下車
駐車場あり(相当な混雑が予想されますので、できるだけ公共の交通機関をご利用ください)
http://www.madokapia.or.jp/events/detail/186
▼青山地建株式会社
福岡県筑紫野市二日市北2丁目4-6
TEL 092-924-4111
FAX 092-922-9763
水曜定休 年末年始 お盆 GW休み
西鉄大牟田線 二日市駅から徒歩3分
駐車場 あり(10台)
http://www.aoyamackn.co.jp

この記事を書いた地域編集長はこの人

福岡県地域編集長

河 蒸気さん

かれこれ15年ほど筑紫野市に住んでおりますが、自分でも驚くほど土地勘がないのです。どこからどこまでが正しく筑紫野市なのかを知りません。名所旧跡や美味しいお店、土地固有の行事なども知りません。そして何より筑紫野市に友達がいない(他の所にもいないので、これはあんまり関係がない)のです。地域編集長となったからには、各町に1人ずつ友人がいるくらいになりたいです。とりあえず僕と友達になってくれませんか。
Twitter https://mobile.twitter.com/TigerSlipper
Facebook https://www.facebook.com/chikushinowalker

ただいまコメントは受け付けていません。